WiMAX 2+サービスの屋内使用はどんな感じ?

WiMAX 2+サービスの屋内使用はどんな感じなのか、詳しくご紹介します。



WiMAX 2+サービスはモバイルインターネットサービスの一種です。
ですから、外で使用するインターネット回線と言うイメージがあります。



外で使用するインターネットサービス



また、WiMAX 2+サービスは高周波数の帯域を使用していますから、障害物に弱いと言う特徴があります。
ですから、奥まった場所にまで電波が到達しづらいと言う特徴があります。



WiMAX 2+は障害物に弱い



そう言う事もあり、WiMAX 2+通信は屋内使用には向いていないのではと思われがちです。



↓WiMAXサービスの詳細情報はこちら↓
Racoupon WiMAX

屋内使用では電波が不十分だった頃も・・・

確かに、以前のWiMAX 2+サービスは屋内使用に向いていない頃もありました。
ですから、わざわざWiMAX用のパラボラアンテナを自作して、少しでも通信環境を良くする努力をする人もいました。



パラボラアンテナの自作



また、そこまではしなくても、WiMAX端末を窓際に設置して、少しでも受信具合を良くする努力をする方も少なくなかったです。

今は屋内使用でも問題なし!

以前はそのような通信環境にありましたが、今は違います。
WiMAX端末の性能が向上し、受信状況は以前とはまるで違います。



また、WiMAXの基地局の数も年々増えているので、通信可能エリアも広がっています。
ですから、屋内にいても、普通にWiMAX 2+の電波を受信出来ます。



WiMAXの基地局



冒頭でも書きましたが、WiMAXはモバイルインターネットサービスの一種です。
ですが、普通に固定回線の代わりとして使用する事も出来ます。



普通の固定回線のように回線工事費は不要ですし、回線工事費も掛かりません。
ですから、WiMAX 2+通信のそう言う利便性を有効活用したいところです。



↓お勧めのWiMAXサービスはこちら↓
Racoupon WiMAX